投資マンションで資産運用|長期保有が成功のカギ

選び方のコツを知ろう

外観

昨今の不動産投資ブームを受けて、投資マンションを購入して資産運用を始めようとしているのであれば、エリア選びは非常に重要です。三大都市圏の中心部にあり、かつ、最寄駅から10分以内の物件を購入するように心がけましょう。

詳細

買ったら持ち続けよう

マンション

手数料を考えよう

資産運用のために投資マンションを保有するのであれば、20年、30年を見据えて保有しましょう。投資マンションでの資産運用は長期保有することでその効果を発揮します。不動産市況が回復し、投資マンションの価格がじわじわと上昇してくると、1割や2割の利益を確保するために売却してしまう人がしばしばいますが、投資マンションを短期で売却してしまうことは効率があまりよくありません。なぜならば、売買をする度に仲介手数料がかかるからです。不動産の仲介手数料は物件価格の3%プラス6万円が上限とされており、ほとんどの不動産会社がこの上限の手数料を取っています。不動産を買って売るという一連の行為では物件価格の6%を超える手数料を支払うことになります。

長期がお得です

しかも、利益が出ていた時には税金も支払わなければいけません。これらのことを考慮すると1割や2割の利益では手元にあまりキャッシュが残らないのです。また、投資マンションを売却して得た資金は、また何かに投資をしなければ殖やすことができません。他の投資マンションに投資をするとしても、自身の投資マンションが高く売れたように、他の投資マンションも高くなっており、優良な物件を見つけることはかなり難しい状況となっています。長期で保有すれば毎年6%から8%の利回りが入居者がいる限り続きます。また、一度購入してしまえば、あとは不動産会社任せとなるので手間もかかりません。さらにはやむを得ず売却しなければならない時でも、税金の計算において特別控除の枠があります。

投資の仕方も色々あります

住宅模型を持った男女

投資マンションを選別する自信がなければプロに運用してもらいましょう。その方法として2つ考えられます。1つが賃貸業をメインとしている不動産会社に投資をするというものです。もう1つが上場不動産投資信託を保有するというものです。

詳細

賃貸経営を副業にする

集合住宅

投資マンションは節税効果が期待でき、老後の備えや生命保険の代わりにも利用できるため、サラリーマンの副業としても人気があります。購入の際には適正なローンを組むことが大切です。サブリース契約で空室リスクを避けることもできます。

詳細