投資マンションで資産運用|長期保有が成功のカギ

賃貸経営を副業にする

集合住宅

節税や老後の備えに

投資マンションの経営は専業だけでなく、サラリーマンの副業としても人気があります。投資マンションの多くはローンで購入することになりますが、返済の一定部分は家賃収入で賄えるため、月々の負担は少なくなります。ローンの金利や減価償却費は損金に算入でき、確定申告をすれば所得税が還付されるので、節税効果によって収支がプラスになる場合もあります。もちろんローンの返済が終われば、家賃収入は全部自分のものになります。そのため老後の備えとして投資マンションを購入する方もいます。また団体信用生命保険への加入が義務付けられており、万一の際にはローンの残額がゼロになるので、生命保険の代わりとして利用することもできます。

適正規模のローンを組む

投資マンションを購入する際には、適正なローンを組むことが最も重要になります。借入金が大きすぎると毎月の負担が重くなり、収支が悪化します。投資マンションには空室リスクが付き物です。また修繕費や火災保険料、登記手続きに関する諸経費なども、予想外にかかる場合があります。これらを考慮し、十分に返済可能な範囲内で借入を行なえば、無理なく継続的に収益を上げることができます。空室や家賃滞納のリスクを避けるには、サブリース契約を結ぶ方法もあります。サブリースのメリットは、何と言っても安定した収入が得られることです。ただし将来の家賃減額の可能性や修繕費負担については、契約する前に詳しく尋ねておく必要があります。