投資マンションで資産運用|長期保有が成功のカギ

投資の仕方も色々あります

住宅模型を持った男女

2つの方法があります

マイナス金利の導入を受けて、注目を集めている運用商品が投資マンションです。各不動産会社も投資マンションの販売に力を入れており、今では、若いサラリーマンやOLの中にも投資マンションを保有している人をしばしば見かけます。投資マンションでの資産運用に興味はあるけれども、優良な投資マンションを選別できる自信がないという人も中にはいます。このような悩みを持つ人は投資マンションに直接投資をするのではなく、投資マンションを保有して事業を営んでいるところに投資をするとよいです。その方法は大きく2つあります。1つは賃貸業を主業としている不動産会社に株式投資をするという方法です。最近では、上場している不動産会社の中に賃貸業にシフトしているところも増えてきました。

不動産投資商品を持とう

2つ目の方法は上場不動産投資信託に投資をするというものです。上場不動産投資信託とはマンションやオフィスビルなどの収益物件を保有して運用をする投資商品です。その利益のほとんどを分配金の支払いに回しており、プロが投資主に代わって不動産投資をしているイメージです。会社に投資をするというのではなく、証券化された投資商品を購入するというものです。不動産会社に投資をする場合との違いは上場不動産投資信託は賃貸のみを行うことが前提となっているので賃貸業以外に他の事業が加わったり、経営方針が大きく方針転換することがないということです。安定した収入を継続的に得たいと考えているのであれば、上場不動産投資信託が適しています。